Cnet長野 & Cnet上田ホームページ

接続サービスのお申込みをお考えの方へ

Cnet長野/上田の回線を事前に体験できる、10分間利用可能な接続テストIDを無料で差し上げます。 テストIDのお申込み お友達お誘いキャンペーン NTT各種サービス受付中!! Home Pages Cnet Nagano http://www.cnet-na.ne.jp/ Cnet Ueda http://ww1.cnet-na.ne.jp/ Shopping Nagano Home Page http://ww4.cnet-na.ne.jp/shop/ プチチャット用Chat Server pchat.cnet-na.ne.jp News Server news.cnet.ne.jp Mails Total Information info@po.cnet-na.ne.jp Support Service support@pa.cnet-na.ne.jp Shopping Nagano Information shop@pa.cnet-na.ne.jp Cnet Communications Nagano Tel 026-225-0810 Fax 026-225-0910 Isono Bidg. 1015 Amori, Nagano-shi, Nagano, Japan 380

規模による分類

コンピュータネットワークは、その規模によって分類される。LAN (Local Area Network)、WAN (Wide Area Network)、MAN (Metropolitan Area Network) などがある。イーサネットがネットワークへの標準インタフェースとなってきたことから、このような分類はエンドユーザーにはあまり重要ではなくなり、ネットワーク管理者にとってのみ重要となりつつある。ネットワーク管理者は距離に起因する遅延を考慮してネットワークを調整し、必要な Quality of Service (QoS) を達成しなければならない。このときに、ネットワークの規模が重要となる。

Controller Area Network は規模という観点では特殊であり、自動車のエンジン、船舶の電子機器、産業用ロボット群などを対象としたネットワークである。

Personal Area Network (PAN)

Personal Area Network (PAN) は、個人の持つコンピュータ機器間の通信を行うネットワークを意味する。例えば、プリンター、ファクシミリ、電話、PDA、スキャナなどが接続される。PANの典型的な大きさは、せいぜい直径9メートル以内である。PANは、それら機器を相互接続すると共に、上位のネットワークへも接続されることがある。

PANの物理的接続にはUSB[1]やFireWireが使われる。無線PAN(WPAN)もあり、IrDAやBluetoothが接続に使われる。

Local Area Network (LAN)

詳細はLocal Area Networkを参照 典型的な図書館ネットワーク。ツリー構成で、リソースへのアクセスは制御されている。 典型的な図書館ネットワーク。ツリー構成で、リソースへのアクセスは制御されている。

個人の家、オフィス、ビルなど、狭い範囲をカバーするネットワークである。現在では、ほとんどのLANはイーサネット技術に基づいている。右図は典型的な図書館のコンピュータネットワークである。図書館には有線や無線のLANがあり、各種機器(プリンターやサーバ)を相互接続すると共に、インターネットにも接続している。図書館内のPCは全てカテゴリー5ケーブル(Cat5)などで接続され、IEEE 802.3 プロトコルで相互接続され、インターネットにも接続されている。

図書館員用のコンピュータ(黄緑部分)はカラープリンターが使え、貸し出し記録にアクセスでき、学術ネットワークとインターネットにもアクセスできる。利用者用コンピュータはインターネットと図書目録にアクセスできる。ワークグループ毎にローカルなプリンターが接続されている。これらプリンタは他のワークグループからはアクセスできない。接続する線の色はサブネットを表しており、各相互接続機器は異なるサブネットを接続しているため、ネットワーク層(第3層)で動作する必要がある。図書館員向けにVoIPネットワークも構築されている。

LAN を WAN (Wide Area Network) と比較すると、データ転送レートは高く、地理的なカバー範囲が狭い。イーサネットは現在では10ギガビット・イーサネットまで存在する。IEEEでは、100ギガビットや40ギガビットの標準化が検討されている。低速な通信路を複数束ねて、高速な転送レートの通信路にする方式として逆マルチプレクサがある。例えば、1ギガビットのインタフェースを4つ束ねて4ギガビットにする。

最新ニュース

【PR】